恒达集团公司在哪里

「家で手作り」か「外食」か、年に一度の年越し料理 中国

出典:東方新報 掲載時間:2019-01-15
共有:

「春節(旧正月は中国の人々にとって一年の中で最も重要な祭日だ。中でも、旧暦の大晦日に家族が揃って食べる「年夜飯(Nianyefan、年越し料理)」はとりわけ大切なイベントだ。年越し料理をどこで食べるか、何を食べるか、はますます多様化している。

食品産業アナリストの朱丹蓬(Zhu Danfeng)さんによると「中国全国で見ると、今年の『年越し料理』は外食で、という人が昨年より増えている。消費レベルの高まりと消費需要の変化に伴い、家族が自宅でそろって年越し料理を食べるには多くの手間暇がかかるし、多人数で食べるためには広い場所を確保しなければならないことが背景にある」という。

別の専門家は「地域別にみると、都市により、『年越し料理』の傾向は異なる。キーは人口の流動性だ。大都市における『年越し料理』の需要は固定人口の数による。春節に流動人口が大量に帰省してしまう大都市では、多くの高級料理店は休んでしまう。地方の中型都市では、逆に大量の流動人口が帰って来るため、外食の年越し料理の需要は高く、質の高い料理店もある。さらに田舎の都市では、外食で年越し料理を、という人は非常に少ない。」と分析する。

■年越し料理を外で食べる人が増加、多様化も進む

前出のアナリストの朱さんは「『年越し料理』の価格は、都市によって異なる基準があり、一つの流れとなっている。15年程前に、大都市で『年越し料理コース』が流行りはじめ、それが、徐々に全国各地へと広がっていった」と指摘する。

複数の北京の中級~高級料理店に、旧暦大晦日の夜の空き席について聞くと、予約は可能だが、個室は残っておらず、フロア席のみだという。旧暦の正月の初めの5日間は個室が取れる、とのことだった。

北京市東城区(Dongcheng)の老舗料理店「全聚德(Quanjude)」の支店2店を取材すると、旧暦大晦日の夜は「年越し料理」を昼と夜の2つの時間帯で販売しており、個室は1室のみ提供できる、という。

アナリストの朱さんによると、従来の「年越し料理」は中華料理が主だったが、今年の特徴は、中華料理の中に西洋料理的な要素を合体しているところにあるという。消費レベルの向上や西洋的な生活習慣の浸透と関係しており、今後も、この多様化の趨勢は続くとしている。


天津で行われた「年夜飯」の展示イベント(2020111日撮影、資料写真)。


関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ

盛天娱乐官网---首页_欢迎您 盛天集团网址---HOME_Welcome 鼎盛彩票官网---首页_Welcome 恒达集团安全吗---HOME_欢迎您 盛大集团平台---首页_Welcome 盛天彩票开奖直播下载---HOME_欢迎您 盛天彩票直播下载---首页_欢迎您 鼎盛娱乐平台开户---首页_欢迎您 盛天集团---HOME_Welcome 盛大彩票开奖记录---HOME_欢迎您