恒达集团公司在哪里

2020年末まで外国のゴミ輸入をゼロとする中国

出典:CNS 掲載時間:2019-01-29
共有:

中国・北京市で17日、生態環境部の記者会見が行われ、劉友賓Liu Youbin)報道官は、2019年固体廃棄物輸入管理の制度改革が大きな進展を見せ、全国の固体廃棄物の輸入量が前年同期比で4割減となったことを明らかにした。2020年は年末までに輸入ゼロを実現するとしている。

生態環境部は2019年においてほかの部門と共に「外国ゴミの輸入禁止と固体廃棄物輸入管理制度改革実施案」の全面的実行に取り組み、2019年度の改革目標を達成した。2019年における全国固体廃棄物の輸入量は13478000トン、前年同期比40.4%減となった

劉報道官によると、2019年中国固体廃棄物輸入管理制度改革は大きな進展を見せた。第一に、輸入固定廃棄物の種類と数量を削減し、56種の固体廃棄物を輸入禁止とした。現時点で、輸入している固体廃棄物の種類と数量は改革前の2016年に比べそれぞれ76%減と71%減となった

第二に、外国ゴミの密輸入の利益チェーンを切断。税関総署は外国ゴミを対象とする取締り「藍天2019」作戦を展開、外国ゴミを国外に排除した。生態環境部は、固体廃棄物の輸入審査を厳しく行い、輸入固体廃棄物を加工利用する違法行為を摘発し、鉄くずや紙くずの輸入企業を対象とし現場検査を行い、効果を上げたという。

この他、部門を跨ぐ協力を進め、廃物利用産業の高品質な発展を目指す。産業界に対し品質基準に符合する金属材料を輸入するよう働きかけ、廃棄物輸入を主要ビジネスとする企業が、国内市場に目を向け、国内で紙くずの回収ルートを作り上げ、中国国内の資源再生業が小規模で散漫な経営から脱却し、規模経営と高品質発展を目指すよう仕向けるとしている。

劉報道官によると、2020年は外国ゴミの輸入禁止と固体廃棄物輸入管理制度改革の最後の仕上げの年という。生態環境部は政府のその他部門と協力し、2020年年末までに、固体廃棄物輸入ゼロ目標を実現し、改革の任務を達成するとしている。


外国の固体廃棄物600トンの密輸入事件を大連税関が摘発(20191218日撮影、資料写真)。(c)CNS/王琳


関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ

盛天娱乐官网---首页_欢迎您 盛天集团网址---HOME_Welcome 鼎盛彩票官网---首页_Welcome 恒达集团安全吗---HOME_欢迎您 盛大集团平台---首页_Welcome 盛天彩票开奖直播下载---HOME_欢迎您 盛天彩票直播下载---首页_欢迎您 鼎盛娱乐平台开户---首页_欢迎您 盛天集团---HOME_Welcome 盛大彩票开奖记录---HOME_欢迎您